ゴールド S・H兵頭 | 松山市周辺の不動産をお探しなら株式会社青い国不動産にお任せ下さい。

株式会社青い国不動産
あ
日記
ゴールド S・H兵頭

(ゴールド)

 先日、運転免許証の更新を行い、初めてのゴールド免許証(優良運転者の証であり、年を取ったら貰えるわけではありません、念のために)の交付となりました。5年間無事故・無違反の証明と言うことで、「へー、そんなに!?」とありがたく頂戴いたしました。逆に申しますと、私は18歳で免許を取って以来40年間で10回以上の免許更新手続きをしているのですが、3年以内毎に(事故者や違反者は3年更新の為)には必ず何か警察に止められていた訳です。それらは全て保険を使わない類のもので、ちょっとしたスピード違反やシートベルト未使用、一方通行逆走等の言わばうっかり違反のみのだったと思います。

 免許更新の受講時間も30分(優良以外は2時間、これがそれ以上に長く感じる)と短く、更新手数料もすこしですが安くすみました。それと、任意保険も途中からでも割安になるそうですから、忘れずに連絡しておきましょう。

 その講習の30分間は、飲酒運転の厳罰化と高齢者の運転免許のハードルを上げることのみに使われました。飲酒運転の厳罰化は例の事件、10数年前の博多の海上橋の上を走っていたワンボックスカーが飲酒運転の車に後ろから衝突されそのまま海中へ沈んで子供が亡くなった事件以来厳罰化の声が高まり、私を含めたまにはやっていた方が多数だったと思われます飲酒運転が最近は重大事件を起こした様な騒がれぶりです。高齢者の運転も確かに傍から見ていて冷や冷やするものが多く見られますので更新の厳格化には賛成ですが、免許証返上は自分だったら手足がもがれるのと同義語なので、そのためにも頭と体の健康には注意しないといけないと改めて思います。

 私の運転免許ですが、まず単車を取りました。東京での1年目18歳の時、電車や地下鉄での移動が面倒くさくなり、上京後1ケ月後の5月には運転免許所へ通い始めました。当時は単車の暴走族が流行っていた頃で、世間の目は厳しかったようですが、その便利性と解放感に徐々にハマっていき、中年時の一番の楽しみになることなど、40年前の自分には到底想像つかなかったことです。(この5年間で四輪5万キロ、二輪5万キロの計10万キロの概算走行距離)

 話は変わりますが、当初の目的と違い大きく価値が上がったものに、宅建主任者(現在は宅建士)があります。片手間(受験勉強は3ケ月間一生懸命しましたが)に取得した35年前はまさかこんなに役に立つとは思いませんでした。

 時間は価値が無く見えるものを思わぬものに変える錬金術の如しだなとつくづく思います。S・H兵頭

投稿日:2017/04/24   投稿者:-