夏休み  SH兵頭 | 松山市周辺の不動産をお探しなら株式会社青い国不動産にお任せ下さい。

株式会社青い国不動産
番号
日記
夏休み  SH兵頭

 7月決算の試算数値も出て、抱えていた売買仲介案件も一段落、ちょっと肩の荷が降りたところで、信州へバイクで行くことにした。この猛暑の時期にバイクでの旅は初めてだった。盆休みは高速道路がにっちもさっちも行かなくなるので、日本の酷暑も体感出来る8月初旬の4日間と決めた。それと、一か月前に脳梗塞で退院した友人の見舞を兼ねた旅となった。

 初日 暑いけど午前中は何の問題もなく気持ちよく風が行くが、昼時に差し掛かった前日40℃だった名古屋辺りは「サハラ砂漠では涼しい位だろう」と気合を入れる。

 11時間後に北軽到着。友人Iは多少のビッコは残るものの、元気そうだった。美食家の彼の日々の食生活は180度変わって、病院食の様な味気無さに、ブツブツ言っていたけれど、60になるのだから、これ位は当たり前だろう。今までがいい加減すぎた。東京に相当な財産を築いているらしいが、残す人もこれからの夢も無いんじゃ意味が無いと言うと、しばらく黙っていたようである。

 その晩はキャンピングカー泊。いつもながら漆黒の闇の森の木々の間に光る星々が美しい。ここが27℃なんてめったにない。下よりは10℃は低いはずだから、下は37℃ということになる。

 次の日は、Iの勧めもあって、戸隠に行った。日光の様なけばけばしさは皆無だが、日光顔負けの杉並木が2kmまっすぐに山の上に伸びて登り切ったところにちっちゃな社がある。日本有数のパワースポットらしく、若い参拝客も多い。たしかに、伊勢神宮に通じる神秘感を感じる。

 戸隠といえば、神社とともに蕎麦が有名である。私は美味い蕎麦に目が無いので、当然期待して中社の横の蕎麦屋で昼食を取る。ぼっち盛りと言う一口ずつの小盛りが10コほど竹ざるにならべられており、てかてかと表面に艶があるそばである。当然美味い。それはそうと、私のバイクのナビのいい加減さには呆れかえる。どこへ行くか分かったもんじゃない。戸隠まで1時間は余分に山道を走らされた。その晩もキャンピングカー泊。

 三日目はご近所のNさんにあいさつ。Nさんとは来る度に別荘におよばれするが、今日は初対面の隣のOさん夫婦も来られて話す。Nさん夫婦は横浜、Oさん夫婦は埼玉の何市か忘れたがそれぞれ2時間程度の距離で春から秋の間は行ったり来たりしているとの事。11時間それもバイクで!と驚かれるが、こちらは車では余りやって来る気はしない。それぞれ仲の良い別荘夫婦である。その後、Oさんに草刈り機を借りて土地の草を刈る。きれいに手入れされている敷地の隣が草ぼうぼうではちょっと申し訳ないので、いつも気にはなっているのである。

 昼からは近所をブラブラして、歩き疲れて蕎麦を食べたりビールを飲んだりしたが、気になるのは明日の天気である。八丈島の南辺りに台風が来ていて、今夜からここ北軽も雨模様の予報。キャンピングカー泊。

 四日目、4時半起床。キャンピングカー内を掃除して帰り支度。小雨が降っているのでカッパを着て出発。麓の軽井沢に降りると雨も止んでいたのでカッパを脱いで走る。10時ごろの名古屋辺りまで天気が悪く、かえって暑さも和らいで良かったが、昼からはいつもの猛暑で西日で照らされながら、午後四時半帰宅。

 総走行距離1800km。これを書いている帰宅三日後の本日、唯一後遺症が残るのが、サングラス越しに強い日光に照らされ続けた目である。眼球が炎症を起こしていると思われ、しばらくバイクには乗れない。

 

 

投稿日:2018/08/08   投稿者:-