靴 兵頭 | 松山市周辺の不動産をお探しなら株式会社青い国不動産にお任せ下さい。

株式会社青い国不動産
あ
日記
靴 兵頭

 昨日、革靴のヒール(カカト)を交換した。on/off共に履く靴だが、甲の部分が高くなっているので、夏は熱気がこもるので、もっぱら秋から翌春までの使用にしている。そんな理由で3年目で初めてのヒールの交換だった。ビジネス用は5年で3回ほどはヒールを替える。その内1回はソール全体をかえる。

 先週は10年ほど使ったロード自転車用のビンディングシューズを替えた。締め具のマジックテープが利かなくなってもだましだまし使っていたが、よく使っていたものだ。今までの黒色から最近はやりの明るい色の中から白を選んだ。早朝の暗闇を走る際目立つためだ。

 昨年末に、山登り用の軽登山靴を替えた。濡れた岩場の下りが滑るようになったからだ。これは大けがに繋がるので、まだ1年半ほどであるが新調した。前の奴は平坦な所なら問題ないのでウォーキング用にした。元々は履き心地は素晴らしいので、長く履けるだろう。

 革底の靴を1足持っている。これが履き心地が又いい。小石や砂を踏んだ時の踏みつぶす様な独特の硬質の踏み心地が新鮮だ。夏蒸れないのも使ってみて分かる意外なポイントだ。流行りのスタイルじゃないのが原因だろうか、ハードオフで5千円だった。見る目が無いと思う、世の中の人は。

 私みたいに動くのが好きで動いてナンボの人間は、身に着ける物の中では靴が最重要ポイントだと思う。靴がいい加減なものだと、歩くのも走るのも楽しくないし、疲れやすいので、すぐ座りたくなる。時には危険な場合もある。

 カカトを踏んだ靴や汚い靴を履く人を見るとガッカリする。美男でも美女でも、誠実そうな事を言う人でも、肩書がある人でも、靴はその内面と実力を表していると思う。

 

 

投稿日:2019/01/25   投稿者:-