人口減の衝撃と対処法 S・H | 松山市周辺の不動産をお探しなら株式会社青い国不動産にお任せ下さい。

株式会社青い国不動産
番号
日記
人口減の衝撃と対処法 S・H

 国土交通省から公表されている、2010から2050年の地域別、年齢別の人口増減に関する予測を見て、これほどまでとはと驚きました。

 まず、日本の総人口が9,700万人になり、今より3,000万人減少(23%減)となります。この数値だけなら、まだピンときませんが、私の住む愛媛県に限ると、34%減となります。さらに、次の数字に驚かれます。人口が半分以下に減る地域が75%、すなわち松山市、今治市、新居浜市以外は軒並み半分以下の人口に成ってしまうのです。今挙げた3つの都市も大幅な人口減に見舞われます。愛媛県には増加する市町村は一つもありません。さらに、非居住地化(全く人が住まなくなる地域)が23%になっていきます。

 これは、私どもの携わる不動産業はもちろんの事、全ての業種業態を問わず物凄い負のパワーであることは間違いありません。しかし、救いは時間がまだ十分あるという事です。マクロの問題なら、子育ての環境を整えたり、移民を促進することなど、政治家の問題です。

 今から約35年後、私はたぶんこの世にいないでしょうが、現在40才の人なら75才、30才なら65才、20才なら55才となります。平均寿命はたぶん90才ほどになっているでしょうから、75才ならまだ現役バリバリで働いていることでしょう。そう、個人的な間違いのない人口減の対処法は、健康を維持して、国や人の世話になろうと思わず、リタイヤしようとも考えず、死ぬ間際まで元気よく働くことではないでしょうか。 S・H

投稿日:2016/01/31   投稿者:-