日記
友人の結婚式

先日、友人の結婚式に出席してきました。

新郎、新婦のどちらも大学の友人で、当時から彼らは、周りが羨むようなお似合いのカップルでした。ですから、結婚式の招待状が届いた時は、驚きよりもやっと結婚するのか、という思いの方が強かったです。とは言え、大学卒業後、仕事の都合でなかなか会うことも出来ず、少し疎遠になってしまっていたので、招待状が届いた時はとても嬉しかったことを覚えています。

当日の式、披露宴も大変素晴らしく、ここに書き出し始めると文字数をオーバーしてしまうので省略しますが、温かみのある、二人らしい式だったと思います。そんな新郎、新婦の幸せそうな顔を見ていると思わずこちらまで幸せな気持ちになってしまい、こんなに幸せな瞬間に立ち会えて光栄だな心の底から感動しました。

 

ただ、人生の伴侶となる人と結ばれて、心底羨ましいと思う反面、未熟な自分にはまだまだ結婚は出来なさそうだと思い改めた一日でもありました。

何はともあれ、あの二人には最高な夫婦になって欲しいと思います。

近々、この夫婦が松山に出てきて住まいを一つに新生活をスタートするそうなので、なんとか部屋探しの手伝いを出来たらなと考えている今日この頃です。 やまだ

投稿日:2016/10/01   投稿者:-