日記一覧 | 松山市周辺の不動産をお探しなら株式会社青い国不動産にお任せ下さい。

株式会社青い国不動産
番号
日記

 今年も残すところ後一週間となりました。以前にも書きましたが、年を追うごとに加速度的に時間の過ぎるのが早くなります。小学校に上がる前がカタツムリ、小学校が亀、その後の節目節目をウサギ、犬、そして今は動物では該当する物が無くなりましたので自然現象の、風のような1年でした(穏やかなそよ風、ではありましたが)。来年はせめて動物の犬くらいのスピード感には戻りたいものです。そうそう、来年は私の干支五度目の戌年でありますから。

 還暦を迎えるにあたって特別に感慨も感想もありません。体力の衰えは感じませんし、短時間の記憶力が徐々に衰えている意識はあります(対策としてメモを多く取り出しました。昔は得意だった一夜漬けのテストは絶対無理でしょう)が、好奇心はまだ旺盛で、柔軟性もあると思っています。実は私より最近、火の着けっぱなしで焦げた料理が多くなった妻の方が心配なんです。昔から忘れ物が多かったのですが、最近ますますひどくなったようです。火元をオール電化に変えた方がいいような雰囲気になってきました。

 さて、期待と不安で20日ほど前にやった定期検診の結果が今日送られてきました。去年は満点でしたのでもう一年と期待して待ったのですが、結果は数年前に逆戻り。要は油物のとりすぎが原因らしく、コレステロール値が黄信号でした。私にとっては減塩や薄口はさほど苦痛ではないのですが、根っからの油もの好きな体質のようで、気が緩むとこの数値だけがグンと上がってしまします。塩分と同様に動脈硬化の主原因なので十分に気を付けなくてはと思います。人に偉そうに自家製野菜ジュースを薦めている(11/27分)場合じゃありません。

 拙い文書をダラダラと1年間書いてきましたが、お付き合いいただきまして有難う御座いました。来年もまだ続けていく所存ですのでよろしくお願い致します。S・H兵頭

 

 

投稿日:2017/12/24   投稿者:-

 半年ぶりに赤いトウガラシこと、ドカッティ「ムルチストラーダ」の話題です。

 8ケ月で5000キロを走りましたが、バッテリーからスターターへの電線が不良で、エンジンが掛かりにくく交換した以外は何事もなく乗れました。イタリア車のイメージには故障の多さもありますが、これ位なら全然OKです。

 12月の朝晩は気温5℃以下の日も多いですが、そんな中でも楽しさは相変わらずで、むしろ扱いにも慣れて益々好きになって来ています。足代わりに使っているなんて絶対に言えません(足代わりに使おうにも防寒の為の完全防備でないと大変な目に会いますので、重ね着に時間が掛かるので夏場のように気軽には乗れません)。以前は風防のないバイクは冬は無理だと思っていましたが、工夫で何とかなっています。但し、体は芯から冷えます(体感温度はマイナス気温)ので一回の運転では1時間が限度でしょう。もう山道は朝晩は凍ることもあるでしょうから、春までは平地の短距離専用で楽しみたいと思います。

 PS:以前 私のバイクを見て大型バイクの免許を取りに行った、掛かり付けの歯医者さんですが無事に免許を取得され念願の大型バイクを買われました。運転免許証の取得中から色々なバイク屋に足を運び、品定めをされていました。その状況を私は診察台の上で聞いたり、アドバイスをしたりしていましたが、買われたバイクはホンダの750ccでしたので、えっ? ちょっと拍子抜けでしたが、(ご本人は教習車と同型の色違いを「安心」との理由で選ばれた様です)ゆくゆくはドカッティに乗りたいとのことですので、それを見るのを楽しみにしています。 S・H兵頭

投稿日:2017/12/18   投稿者:-

 大谷が「エンゼルス」に決まりました。想定外の事が次々に起こり、最後がこれまたダークホース的なエンゼルスでした。

 まず、今までの想定外(普通でないこと)を列挙しますと、高校3年次の160km/h、それでいて甲子園1回戦負け、高校3年次のドラフト拒否で大リーグ志望から一転日本ハムファイターズへ、NPB初の本格的二刀流、日本記録の165km/h、規格外のホームラン飛距離、そして今回のメジャー移籍騒動でのエンゼルス指名。(以上私が知っているだけの情報ですが)何から何まで想定できないこの男。

 私はダルビッシュや田中よりもずっと規格外のことをやると思っています。彼ら二人からは規格外とか想定外とかの言葉は出てきません。二人とも高校時代から知っています(新聞、テレビ、ネットで)が、原点を高校時代に求めてもそんなにぶれずに右肩上がりで現在(順調にメジャーのエース級)があると思います。一方、大谷の場合はどこまで行くのか、どんな記録を出すのか。

 そんな彼の内面を想像するのに、抜群の運動神経同様のすごい意志力を感じます。それは今回のメジャーの選定以前はそのような事は考えもしなかったのですが、選定の経緯やエンゼルス決定の記者会見を見て、その共通項が見つかりました。今までの想定外の事は全て彼の想定の内なのかもしれない。彼のけた外れの意志力、王貞治やイチローに通じる物を感じます。

 想定外の男の来シーズン1年目(24歳)の成績と5年目(29歳)を予想してみます。(念のために、スポーツ記事とかは一切参考にしていません)

1年目  ピッチャー

    24試合 140イニング(規定投球回数に足らず) 10勝4敗 防御率3.3 奪三振160

     被安打120 四死球40 

     バッター

     100試合 360打席 330打数  100安打 打率3.00 HR16本 打点50

     出塁率3.50  長打率5.50  OPS9.00  

 

5年目  ピッチャー   

     26試合  165イニング(規定投球回数足りる)  15勝5負  防御率2.6  奪三振

     195   被安打135  四死球30  ⇒サイヤング賞

     バッター

     110試合  400打席  330打数 打率3.30  HR30 打点100 出塁率4.2

     長打率6.5  OPS10.7   ⇒シルバースラッガー賞

     リーグMVP

 以上、1年目は一流止まりですが、5年目は投打とも超一流の域です。彼を王やイチローと並べたのはこの一流~超一流の記録を継続できる意志の力があると思ったからです。

 さて、この予想がどれだけ裏切られるのか、それも楽しみです。 S・H兵頭

 

 

投稿日:2017/12/11   投稿者:-

 20歳頃、急に読書が好きになり週に1冊は本を読んでいた。なぜ読書が好きになったかは分からないが、それまでは本を読んでも本に書いてある内容をただ読むだけの作業だった。ただの作業なので読み進めても楽しくはなく、ただただ苦痛だった記憶がある。

 

それが、20歳頃心にも余裕ができたのか、本の内容を理解しようとしつつ本を読み進めていくことができた。本の内容がイメージとして膨らむ感覚で、話の続きを知りたくなり、気が付いたら本を読み終えていた。

 

その頃はまっていたのが、イチロー選手に関する本で児玉さんの書いた本をよく読んでいた。イチロー選手に関する本は5冊は読んだ。今も、家にあるんだが今になっては自分でも5冊も、よく読んだなと思う。その他は、スポーツ選手の本・筋肉の(筋トレの)本・自己啓発本なども読んでいた。

 

本は面白い本もたくさんあるが、つまらない(自分にとって興味がない)本もたくさんある。面白い本に出会った時は少し感動したりもする。最近は本を読むことも少なくなってきたので、月に1冊くらい読めればいいかなと思う。

 

読書おじさん

投稿日:2017/12/01   投稿者:-