日記一覧 | 松山市周辺の不動産をお探しなら株式会社青い国不動産にお任せ下さい。

株式会社青い国不動産
番号
日記

  暑かった今年の8月も最後の週となり、朝晩は多少涼しさを感じる気候となりました。日課となっている運動も今月はこのまま行くと無休で行きそうです。そこで整理の意味で今年元旦から今日までの約240日分の運動量をまとめてみました。

 最も多かったのは山登りで81日。標高275m×81=22,275m。エベレスト8,868mの2.5回分。やはり自宅から出発出来るので最も手軽で、かつ時間帯も朝昼夜、天候も雨でも雪でも関係なくいい汗がかける淡路ケ峠登りは私の運動の基本になっています。

 次に多かったのは自転車で58日。往復25km×58=1,450km。松山~青森の距離に近いです。これはランニングや山登りで足腰に疲れがある朝は、特に腰に負担が無く、ランニングと別の足の筋肉を使いますので、無理をせずカロリー消費が出来ます。唯一スピード感が味わえるのも楽しいです。自転車をやりだして好きだったスキーを一切やらなくなったのもそれと近い感覚が味わえるからです。ただ、時間帯では車の少ない早朝に限ること、路面が濡れているときは危険なこと、風で熱を奪われるので風邪気味の時はやらない方が良いことなどを守って早朝の新鮮な空気を吸いながらやっています。

 その次はスイムで47日。2km×47=94kmは津軽海峡20kmの4.7回分。これは他の種目と違い唯一プールがある場所まで行かないと出来ないので、数はこんなものでしょう。四種目の中では最も上半身を使うのでバランスの上からも大事な種目です。測ったことはありませんが、カロリー消費は最も多いように感じます。但し他の種目が汗で1kg以上体重が落ちるのに、たぶん水中で無意識に少しずつ水を飲みこんでいるのか、水中だから汗が出ないのか不明ですが、前後で体重の変動はほぼありません。

 最後にジョギングで36日。8km×36=288km。フルマラソン7回分。最近でこそ心から楽しいと思い出しましたが、これまでは苦手意識がありました。たぶん今後年末までの集計を取ると割合は増えているとおもいます。但し草地に限ります。楽しさを奥深さと言いたい処ですがこれを言うためにはこんなもんではだめでしょう。

 休みは13日。去年あたりまでは週一の休みは楽しみでしたが、今はどうしても時間が取れない時以外は休みません。数年前まで出ていたトライアスロンやマラソン、自転車ロードレースなどには今は全く出ていません。現在の状態のきっかけとなりましたので意味はないとは言いませんが、そこで他人と競争したり自己ベストを目指して自己満足に浸るそれらの競技会に出るよりも(出たから分かるのですが)、自然に囲まれながら、四季を感じて、自分の体と対話しながら無意識に、あるいは意識的にペースを上げ下げしながら楽しむ、余裕のある余暇としてのスポーツなら、休むのがもったいないと私の意識が変わったからです。   

総走・泳・登行距離1,854kmは(松山から札幌)相当でした。

S・H兵頭

投稿日:2017/08/27   投稿者:-

 この日記も最近はカラーやバイクのことばかりでしたので、他の事を書きます。私の趣味の一つに映画鑑賞があります(以前にも書いたようです)が、映画館に行くのではなくもっぱら自宅でのDVD鑑賞になります。年間150本以上は見ています。新作・旧作関係は関係ありません。(ちなみに新作が旧作より良い、と言うことはありません)洋画専門ですが、たまに邦画の話題作は観たりもしますが、どうもピンときません。「シンゴジラ」もどこか説明・説教臭くて期待外れでした。ただ、黒沢明や小津安二郎などの白黒の名作などすばらしい作品は私もファンです。

 昨日も名作「ゴッドファーザー」を観ました。つい最近、何かのメディアで世の中で最も有名な猫はこの映画の冒頭でマーロンブランドに抱かれている猫じゃないか、といったコメントが頭に残っており、どんなシーンだったか久し振りに見てみようとなったわけです。この映画は40数年前の物で、たぶん過去に4~5回は観ているので印象的なセリフやシーン、ストーリー展開はほとんど覚えていましたが、それでもやはり名作とはこんなものを言うのだな、と改めて感心したのが本欄で書こうと思った動機です。マーロンブランドやアルパチーノの迫力ある演技やニーノロータの哀愁のある音楽、コッポラ監督の力強い映像は、知っているにも関わらず3時間飽きさせません。これぞ男の映画です。

 女の映画も好きです。メリルストリーブ、ケイトブランシェットらの繊細でかつ力強い演技は彼女らの演技を見るだけでも価値が有ります。彼女らは駄作には出ませんので、作品自体も当然いいのですが。

 同性愛者や障害者を扱った映画も面白いです。面白いと言うと語弊がありますが、社会的弱者らの苦悩や真剣さ、寛容さ、それにやはり彼ら彼女らの力強く生きる姿は、人間は十人十色、変わりはないと思わせてくれます。

 この様にどんな映画も面白い。スタートから面白いやつもあれば、最後になって面白さが出て来て、我慢して観ていてよかったと思わせるものも色々です。

 私にとって映画とは何か。「手軽に感動を与えてくれるもの」です。 S・H兵頭

投稿日:2017/08/07   投稿者:-

 沖縄に行ったことはないのだが、シーサーが何となく好きで、たまたまシーサー作りを体験できるところを発見したので休日に行ってみた。シーサーは架空の生き物で制作するのに正解はない。なので、難しい。

 

見本はあるのだが、その見本通りに作ろうと思っても自然と個性が入ってきてしまう。土から胴体・頭・足・目。鼻などパーツごとに作っていくのだが、元々、図工が不得意だった私は見本との誤差を修正しようとしてもなかなか誤差が埋まらない。途中で少し嫌になったのだが、最後まで何とか作った。

 

制作時間2時間40分。予定の2時間を超え暑い中、水も一滴も飲まず作った。社会人になるとなかなか一つの事にここまで時間をかける事はないですよね~と店の方に言われ、本当にそうだな~と思った。1ヶ月後に完成して受け取れるみたいなのでそれまで少し楽しみである。

 

沖縄おじさん

投稿日:2017/08/01   投稿者:-