2021シーズン最後のスキー | 松山市周辺の不動産をお探しなら株式会社青い国不動産にお任せ下さい。

株式会社青い国不動産

営業時間AM9:00~PM6:00

2021シーズン最後のスキー

 待望の信州スキーに行った。昨シーズンは新型コロナの影響拡大がまだ今後どのようになるか全く不透明の状態で強い世間的自重雰囲気があり、県外への不要不急(今聞くと懐かしい言葉。今は少しタガが緩んでおり、こんな状況も慣れっこになっている、自粛疲れである。この言葉も来年は懐かしく感じられる事を願っている)の趣味旅行などもっての外の世間の状況だったからだ。

 訪れたのは八ヶ岳連峰にある白樺湖畔の車山スキー場と、北アルプス白馬の八方尾根スキー場である。車山の方は初めてのコースである。スキー以外では車のドライブやバイクのツーリングでこの辺りは数回走ったことがあったが、もっとずっと以前の記憶は高校時代の修学旅行のことで、白樺湖畔に宿泊し当時の当時の定番、夜にキャンプファイヤーを囲んでの男女のフォークダンスがあったなぁなんて、セピア色の遠い記憶もある場所である。

 以前数回の来訪時は閑散としていた印象で、個人的には時代に取り残された修学旅行向きの観光地のイメージを持っていたのだが、この連休は白樺湖畔のスキー場や各ホテルの駐車場は満杯で、大変にぎわっている様子。ゲレンデも3月に入ってからの陽気で下の方は草地が出ている所もあったり、雪質もザラメ状の柔らかいものであったが、十分楽しめるものであった。

 以前にも書いたことはあるが、スキーはその度に新たな、又忘れていた気づきがある。それが再ハマリの理由であるし、続けて行こうと思う最大の理由である。チョット拡大解釈だと自分でも思うが、人生の姿勢まで気付かせてくれ、それは自分を体現している運動なのである(その割には上達は遅いが、今シーズンは自分なりに小さな壁は超えたと自認している)。そして、今年は初めてそれらをスマホのメモ欄に打ち込んで来シーズンまで忘れずにいるようにと記録した。

 二日目の八方尾根は雨模様であった。事前に分かっていたのだが、せっかく来たのだからと本降りになるまでの間は頑張ったが、日本屈指のスケールと難易度を誇るコースは閑散として寂しげである。明日は晴天らしいが、その1日が恨めしい。しかし、ここも車山も今月末の土日で営業終了らしい。まだ上部はこんなに雪もあるのに勿体ないと思うが、好コンディションでの滑走は来年の楽しみに取っておこう。

 最後に最も書かなければならなかったこと。この旅行に誘ってくれ、スキー場、宿の手配等をしてくれた、神奈川の従妹ファミリーにはこの場をかりてお礼を申します。ありがとうございました。又行きましょう。

 

 

投稿日:2021/03/26   投稿者:-