日記 2022年5月 | 松山市周辺の不動産をお探しなら株式会社青い国不動産にお任せ下さい。

株式会社青い国不動産

営業時間AM9:00~PM6:00定休日日曜日

日記

DIARY

 アメリカで特に気付いた事を書いておく。

 まず、完全な(クレジット)カード社会であること。現金しか使えないケースと言えば、朝枕の下に置いておくベットメイキングに対する1~2ドルのチップだけであった。それ以外は全て物品購入や食事等サービスも両方行けるが主にカードである。更にカードしか受け付けなかったのが、レンタカーを入れる際の時間貸し駐車場である。都市部や観光地のそれは現金を入れることが出来なくて、全てカードのみの支払いであった。日本ではコインパーキングという名称であるが、これはコインが盗まれない事がほぼ当たり前になっている前提でのシステムであると、そこで認識したのである。併せてあちらではカードがないと駐車場も借りれないという事も。

 余談であるが帰国の翌日、カード会社から1本の電話が携帯に掛かってきた。それは何月何日何時何分にどこそこで〇〇と言う会社に幾ら幾ら支払いましたか?という内容だった。私が記憶が無いと言うと、数日後に詳しいデーターが入るので、こちらでも調べてみますが、お客様でもお調べ下さい。もしかしたら誰かが不正利用をした可能性があります、と言った内容であった。当然カードは即時ストップしたのであるが、私はアメリカでは何十回使ったが全て思い返せるだろうか、クレジットカード売上票や領収書も全ては保存していないから突き合わせても難しいだろう。ましてや、娘も使っていたので尚更難しいだろうと、この一件でカード社会の怖さを体感したのである。

 結論は、私が事前に利用を了解していた、ある目的での娘の利用だったのであるが、社名や使用時間帯でグレーの利用を判別出来るとは、信用社会を守るシステムが生きている証でもあり、頼もしくもあった一件であった。こちらもほぼ誤判断であるとの認識後に、先ほどのカード会社から電話があり、〇〇とは大手航空会社の△△が何々の目的で利用されたものと分かりましたので、ご安心くださいと説明された。それは監視社会と言う又別の意味での怖さも見せてくれたのである。

 もう一つが、ネットとカードの組み合わせ社会という事である。私はカードはほぼ抵抗はないしインターネットにたいしても同様である。しかし、カードとネットを組み合わせた支払には、ぐっと抵抗が増す。今回の旅行も支払いの選択肢がこの組み合わせでしか出来なかった処が多かった。国内では、アナログ(電話、面談、現金、ATM、紙ベース等)もまだ主流である。しかし、今後ますます、カード+ネットの組み合わせを利用しないなら海外へは行けません。あるいは団体旅行の一員でしか行けませんとなるのである。アナログ人は益々少数派になり、消費者としての価値を見出してもらえず、見えない壁に遮られ、そこに取り残される事になるのだろう。

 なお、スマホ(ネット)は日本語カーナビとしてもその実力を存分に発揮し、その恩恵を十分に授かった。コレなしでは、とてもじゃないが行きたい所もまともに行けなかっただろう。 

 娘らの世代ではこのネット+金融+位置情報の熟知は当然のことなんだろう。今後の海外への楽しく、刺激的な旅の必需品は英語+スマホ操作と言えることはまず間違いない。兵頭

投稿日:2022/05/25投稿者:-

  前回に続いて。次にアメリカの投資物件、売りアパートの見学の件である。

 ロスアンゼルスでは、日本で紹介してもらっていた売りアパート物件を見た。事前に数値面は確認済みだったので、現地まで行って直接確認したかったのは、環境面や外観それに管理・メンテナンス状態や使い方である。室内はあいにく満室だったので見れなかったのであるが、不安材料の一つであるそれらが確認出来たのはよかった。

 それは、しっかり売り物として(多分賃借人の生活の場としても)綺麗にしてあり、買い手としてその部分の不安を残すものではなかったのである。いくら投資数値が良くても実物がダラシナイ状態だと気持ちも覚めるものである。その点は、合格点だった。

 しかし、木造築後60数年でこの値段!?この利回り!?。抑えるポイントが違うんだな。日頃の常識を覆す数値は流石にアメリカ!それもLA!これからは意識もお金もこちらへも移していかなくちゃ、と思った次第である。

 最後に私の英会話である。昨年3月から再学習を始めた私は、独学で楽しみながらやってきた。問題は実践の無さで、今回が初の公式戦だったのであるが、早い話何とかなる、事務手続き以外は、と予想していた通りの結果である。

 この半年日常的に英語に触れる生活をしていた娘は、いかにも下手な発音であったが、聞き取りは私より上手かった。この違いは娘の方が学習時間は少ないが、現地の言葉に耳が慣れたのだろう。今年もう一度公式戦をやってみたいと思う、帰国後1ケ月弱の私である。

 追伸:渡航手続きについて。コロナ禍の影響で行きも帰りもいろいろなコロナ関係の手続きが増えた。それも旅行代理店を含めて皆さん慣れていないので、試行錯誤の行き当たりバッタリの行き帰りだった。しかし、お陰で飛行機も街も人が少なく、刺激的だけどノビノビした旅が楽しめた。兵頭

 

 

 

投稿日:2022/05/17投稿者:-

 前回の大谷選手の件で少し触れたが、私は4月下旬に渡米した。主な目的は昨年末からアメリカで語学学校に通っている娘に会うのと、大谷選手を生で見る事。それに紹介されているロスアンゼルスの売りアパートを見る事、1年程勉強を続けている英語が使えるか試す事、その辺である。

 ロスアンゼルスはとにかく広く(関東平野くらいの広さらしい)、電車・バスが日本の都会ほど発達していないので、車がないと短い旅行期間を有効に使えないよ、という娘からのアドバイスでロスアンゼルス空港から即、レンタカーを借りて在米中の足として活用した。右側通行と左ハンドルには直ぐに慣れたが、フリーウェイでの走行には非常に気を使った。何にせ英語とマイル表記で不案内な片道6~8車線の広い道を全車フルスピードで疾走して行くわけだから、こちらもアドレナリンを出しっぱなしにして、全神経を集中しておかないと、事故を起こしてしまいかねない。チョットした接触でも英語での交渉となると交通ルールも分かっていない中、とても不利でタフなものになるだろう。

 では、車移動は止めるかと言うと、そんなことは出来ない。こんなチャンス、そんな勿体無いことは出来ないと、神経は使ったが帰国時に空港の返却所まで何とか無事故無違反であった。レンタカーはトヨタ・ハイランダー、大型SUV。アメリカで何故ハイパワーの大きな車が好まれるかは、人の体が大きいからだ位しか思いつかなかったが、実際走って見て気づくことは、大都市とは言え道路は直線が多く幅広いのでみなスピードを出すし(恐怖や痛みに対する耐性が日本人より有る様だ)、舗装状態が良くないとことが多く、ガソリンが安いこと、コーナーリングを楽しむ様な道などない等なのであろう。日本の小型車・軽自動車とは対極の道路環境であり製造思考である。

 さて、目的の第一番目の娘であるが、ますます元気であった。着いた早々の不安や戸惑いも消え、今は自信に溢れている様子で、青春を謳歌(古い昭和の言い回しだと分かっているが、新しい言葉はこっ恥ずかしくて言えない)している。本当に頼もしかった。

 そう、英語も渡米前より特にヒヤリングは確実に上達しているようだし、行動力も遺憾なく発揮(これも古いなー!)しているようだ。ロスアンゼルス周辺のみではなく、ラスベガスやニューヨークまで行動範囲を広げている。青春が眩しい(古い!)。でも、若い街には若い人が似合うな。おじさんも刺激的な体験に若返ったぜ!  続く。 兵頭

投稿日:2022/05/10投稿者:-
過去の投稿