日記

DIARY

 新しいドカッティが来た。モンスター821(赤)である。初めての水冷ドカッティであるが、静かではない。私がドカッティに持っていた理想の感覚に今までで一番近いバイクである。

 それは、低速から高速まで排気音が連続音(ブォーンとか)と成らず、ドカドカドカドカとパルス音が一音一音はっきり聞こえる音質であること。地面を蹴とばす様な加速感、ワイルド感(スムーズであってはいけない)が味わえること。軽いコーナリングマシン(重いツーリングマシンではない)であること。これら今の私の好みが詰まった理想のバイクである。

 私がリターンライダーに成ったのは15年ほど前の40歳代後半であるが、当初は初心者としてヤマハセロー250、訳が分からずリッターバイクに乗りたいという事で、カワサキゼファー1100、ここで私のバイク人生は終わるはずだった。これらは面白味がないのである。私の目にはマイナス面しか映らなかった。

 しかし、起死回生のバイクが現れた。次に購入したBMW850Rである。それは大柄であるが軽く、取り回し易く、トルクフラットで乗りやすい。何より人間中心の設計思想が古いバイクであったが十分感じ取れて、乗るたびに感銘を受けていた。それから2台続けてBMW1200GT、同1600GTLとどんどん大型化していった私のバイク歴。それは850Rの設計思想はそのままに、より快適に、より速く、よりスムーズにという路線であった。その頃はバイクで東京や長野へ1日800km超の走行可能なバイクを求めていたので、それはそれで間違いではなかった。

 しかし、高速道路のバイクでの長距離移動は慣れれば単調で、面白味がだんだんと薄れてきて、私の中でマイナス面が大きくなった。そして同じ単調なら車の方が何かと便利で安全でラクチン(実はこれらの単語はバイク乗りには禁断の麻薬である)であると分かり始めてきて、ここで今までの路線を方向転換したのである。

 長距離移動中心から短中距離のライディングを楽しむ方向に変わったきっかけのバイクはドカッティムルチストラーダ1000s(通称/赤いトウガラシ)であった。このバイクの外見と音量音質の下品さ、その音質の中に聞こえる艶っぽさ、物上質感、走行感の上品さは今まで乗ったどのバイクの延長線上にもなく、孤高の存在で今でも私を飽きさせずに楽しませてくれる。次のドカッティ676はドカッティ初級者用で空冷らしく乾いたドカドカの音質が魅力で、そのクラウチングポジションも慣れれば、峠を責めるにはピッタリである。そして、今回の821である。

 昔の歌に 歌手曲名は忘れたが、 ♬人は 昔 昔 鳥だったかもしれないね、こんなにもこんなにも空が恋しい♬ というのがあった。バイク運転の魅力は、二次元の空を飛ぶ疑似体験のようなもので、その浮遊感にあると私は思っている。その感覚を味わうには、ただ速いだけでは崖の上から本当に浮遊後落下してしまうので、バイクの特性と、自身の技量、道路状況が上手く合致している等のバランスが必要である。自分に合ったいいバイクを良い道路で乗った時は、本当に空を滑空している気持ちになるものである。

 今回の命名はその音とマッチョなボディから「赤雷神」と呼ぶことにする。兵頭

 

 

 

投稿日:2022/06/29投稿者:-

 サウナ風呂が今ブームらしい。私のサウナブームは数年前に終わったので、何を今更と言う感じで聞き流していた。

 そもそも私がサウナに凝っていたのは、簡単に体重が落ちる効果があったからである。確かに入浴前が70.0kgあったとすると、入浴後に69.3kg、そして1時間後に自宅に帰ってもう一度計ると68.5kgに減っていることが普通であった。帰宅中も温まった体からは発汗し続けておりその効果は目を見張る物があった。

 しかし、この体重減少の効果は一時的なものであることも、すぐに分かった。サウナで水分が飛んだ細胞は68.5kgを計測した直後から猛烈に水分を欲し、翌朝には元の木阿弥である。むしろ胃液が薄まる負の影響のほうが大きいだろう。

 なぜ、体重にこだわったかは、私の場合は体重の数値と血圧のそれが正比例の相関関係にあることであった。もちろん、血圧は多くの事が関係しているので、その相関性は完全とは言えないものの密接に関係しているのは事実である。これは何年もの私自身による臨床検査で明らかにしたことだ。だから、あの苦しいドライサウナ室に雑誌や小説を持ち込んで、薄暗い室内で少しの明りを求めて場所を選び、ひたすら活字を目に追わせ、苦しさを紛らわせた。

 この努力に意味がない事が分かってからは、サウナ室には一切近寄らず、温泉からも足が遠のいていた。そして、このブームである。

 ブームの中で「整う」と言うフレーズを幾度か聞いた。「心と体が静かにバランスを取り、別の境地に連れて行ってくれる。そこでは心は落ち着き満たされ、体は熱さも痛みも感じなくなり空を滑空しているように軽くなる」とそんな宗教的なイメージをその整うからは持つのである。それが味わえるのなら、もう一回始めてみようか、体重減が目的ではなくて、整うが目的で!。それに体も膝、腰、肩と痛めているのでそれらの治療を兼ねて。

 それからひと月、毎週サウナ風呂に通うが、その境地は未だ未踏である。ひと月位で何をおこがましいと自分でも思うが、体と相談しながら続けていこうと思っている。確かに前回ブーム時の目的は辛かった側面もあったが、今回は心の平穏、体の癒しと活性化が目的なので、間奏としての屋外での休憩を多めに入れて、整いをめざして?。いや目指すものは無くて良いでしょう。兵頭

 

投稿日:2022/06/22投稿者:-

 私が右膝の後ろの筋をジョギング中に痛めてから半年過ぎた。それ以来ジョギングは止めている。そのケガの影響で自転車も3ケ月程止めていた。

 その自転車を再開した時の事をこの欄でも以前書いたのであるが、朝のトレーニングロードである自宅から重信川のサイクリングロードを走る往復25㎞のコースを、トライアスロンレースでの自己記録更新を目標にしていた頃に出したのが、このコースでの自己ベストタイム52分。これに対してこの再開時のタイムがそれより10分以上も遅かった時は、その衰え振りに落胆したものだった。

 あれから3ケ月程たち、その間徐々に練習による筋肉も回復し5日前に57分台、昨日56分台とピーク時にはまだまだだが順調に回復していた。それに、ベストタイムを出した頃はトライアストン用の空気抵抗を少なくするハンドルバーを取り付けていたので今の通常のドロップハンドルより1~2分は有利に働いていたはずだから、もう少しである、ピークに。

 一方、山登り(淡路ケ峠)はベストタイムは58分台である。これは軽登山靴を履いての上りは早歩き、下りは走りでのタイムであった。当時から通常歩行では75分であったが、今は80分は掛かる。ジョギングを入れるのがまだ少し不安であるので、まあこんなものか。アイフォンで英語フレーズを聞きながらだから。そのうち体調が良い時に、これもベストタイムを出してみせる、英語は聞かずに。

 ケガや事故を考えると、或いは年も加えて、ゆっくりマイペースでも健康維持には悪くはないかもしれない。しかし、日常に緊張感を持つ時間を加えてメリハリを付け、心と体の余裕と柔軟性を保つためには目の色を変える位に真剣になる時も必要に思う。

 さて、もう一つのメインのスイミングであるが、長期プール休館後の初泳ぎのクロールで右肩を痛め2ケ月。これはまだしばらくかかりそうなので、他の泳ぎをやっている。兵頭

投稿日:2022/06/09投稿者:-
過去の投稿