日記

DIARY

 コロナウィルスが発生して2年半程になるがこれまでは、遠い所の出来事、都会人中心の病気、年寄は注意しなきゃ、くらいが私の認識だった。色々なマスコミで連日流れるコロナ関連のニュースにウンザリしてスルー、テレビに向かって「どこまで臆病なんだ!」と文句も言っていた。マスクをほとんどしていないアメリカやヨーロッパの国々がうらやましかった。だからマスクもどうしてもと言う場合だけしか使用しなかった。しかし、7月中旬から風向きがガラッと変わってきた。これまで私の周りでは一切出なかった感染情報が続々と現れて来たのである。

 まず、直ぐ近所のお宅のご家族を一切お見受けしなくなった。車が全台常に駐車していたから全員ご自宅内にいらっしゃたのだと思う。約10日後お見受けする様になったと思ったら、次は近所に住む親せき一家、その後弊社の社員が1人、2人、3人と次々と感染したことが判明していった。ここに来て初めて切迫感が出てきたのである。

 こんな状況では誰が掛かってもおかしくないのであるが、掛かった身近な人を考えてみるに単なる年齢ではなく、何か持病というこのウィルスが攻撃しやすい弱点を持つ人が掛かりやすいのではないかと思ってみたりする。前から言われている事ではあるのだが。ただ、だれも重症化していないのが救いである。

 昨日、4回目の接種のお知らせが来たので、これも受けようと思っている。持病がこれと言って無いのと3回接種をやっていたお陰で掛かってないのかもしれないし、現在の七波では収まるとは到底思えない超長期戦に備えて。兵頭

 

投稿日:2022/08/05投稿者:-

  弊社が設立20周年を終え、21年目をこの8月で迎えました。この様なことに無頓着な私は、取引銀行さんにお祝いを言われなければ、そのままスルーするところでした。まぁ、スルーしたとしてもしなかったとしても、このブログで取り上げるか否か位の違いではありましたが。

 私は40代中盤で「青い国不動産」を立ち上げるまでに新卒社会人から20年ほどで5つの不動産会社にお世話になりました。その内の一つは東京赤坂で自ら立ち上げた会社だったのですが、これを含めての5社です。これらの会社は現在すべて存在しません。3社は倒産、1社は廃業、1社は吸収合併されました。非常に生存競争が厳しい世界であります。しかし、今は存在はしません5社ですが、在職中これらの会社や社長から学び、学ばせて貰った教えや知識は今の会社の存続に大きく影響を与えて貰っている事に間違いはありません。

 「青い国不動産」を立ち上げてからは、勿論順風だけが吹いていた訳では有りません。しかし、途中で止めようとか無理だとかと思ったことは一度も有りませんでした。この道しか無いと決意していましたし、失敗したら0に帰るだけだとの開き直りや、感度が少し鈍いのが幸いしたのか、恐る恐るのスタートから、少しづつ気持ちも積極的になっていったかとなと思います。昔の当ブログ上における「10周年を迎えて」と言う文章で、「これからもっと積極的に行動します!」という文言を書いた事を思い出しました。

 最も危機感を持ったのは設立してから7年目前後だったと思います。ここを新展開の事業で乗り切ると、その後に訪れる何度かの窮地や勝負処も思い切った手によって上昇気流に乗せることが出来ました。それらの経験則から「ピンチの後にチャンスあり」「谷深ければ山高し」は間違いない法則であると実感しています。むしろピンチや谷と言った不調期は、成長に必要な時期であると思っています。

 そして今思うこと。「宇宙は成長し続けているので、人が成長を放棄する時、宇宙にとってその人が不要になる時である。だから、人が成長している間、宇宙は人を死なせない。」人に限らず全ての物体、人の集合体である会社も同様だと思っております。兵頭

 

投稿日:2022/08/03投稿者:-
過去の投稿